植物画展

ここ数日 雨が降ったり 寒い毎日が続いています

今年は1月にインフルエンザにかかったり
先週から声が出なくなり、土曜日には突然の悪寒、発熱
幸い 月曜日には熱も下がりなんとか仕事に行きました

昨年末から仕事が忙しく なかなかお休みも思うようにとれなくて
ちょっと へばり気味でした

そろそろ無理が利かなくなってきたのでしょうか・・・
( いやいや、ずっと前からでした (^^ゞ テヘッ )

風邪の話はさておき、今 アクロス福岡 1階で 
第19回 福岡市植物園 植物画コンクール入賞者作品が展示されています
また 2階では ふくおか植物画会のボタニカルアート展があっています
どちらも 入場無料だと思います  
8日までですので是非覗いて見られてはと思います

それから 今年のコンクールの市長賞は同じ植物画教室「花好会」の大先輩の方です
とても素敵です ☆☆☆
私も 出来れば仕事の前に今日にも行きたいなぁと思っています
ぜひぜひ 行ってみて下さい

ピンクネコヤナギが咲きはじめました
ほんのり桜色です
バッチバッチと剪定しているので ボリュームはありませんが
これはこれで気にいっています

でも 雪柳にピンクは如何なものかと・・・
せめて さくらゆきやなぎ
いや ゆきやなぎ桜色 なーんてね (^^♪

f0159403_09185126.jpg




[PR]
# by ogc-3 | 2015-03-04 09:24 | 日記

久しぶり過ぎて・・・・^_^;

ついつい時間が過ぎてしまいました
昨年末には、年内に・・・
年明けには、松のうちにには・・・
などと思いながら、もうすぐ三月!!
庭ではクリスマスローズが咲き始め
これって何だったっけ?とおもう可愛い芽が顔を出してきています

あるといえば何かとあった7ヶ月
でも、なんとなく過ぎてしまった7ヶ月
ズボラナだけの私でもありました

最近の私 仕事に行くまでの時間は 昔読んだ文庫本や
子どもたちが置いていった本を引っ張り出して読んでいます
今読んでいるのは 林眞理子の 「世紀末思い出し笑い」

本当に10数年前を思い出笑いしています クッスっときています
軽くって肩が凝りません

少し暖かくなってきたのでボチボチ庭仕事 精を出そうかな ♪
ブログも・・・・・・ (^^ゞ


f0159403_10483310.jpg


 




[PR]
# by ogc-3 | 2015-02-26 10:51 | 日記

早 7月 !

今年もあっという間に6ヶ月が過ぎました
歳を重ねるごとに1週間、1ヶ月が早いです
もう、7月~ ♪
振り返るといろんなことがあったけれど
まあ 健康だから良しとするか~ (*^^)v

昨日はお休みだったので 
やっと フェンスに貼りついたヘクソカズラをとりました
好き放題に枝を伸ばしたデュランタもバッサバッサ切りました

大きなゴミ袋2つに入りきれないほどになりました
どれだけやってないの! という話です
剪定ばさみの切れも悪く 最後の方は握っていた親指が赤く痛くなりました ^_^;

でも 頑張った甲斐あって リビングからの眺めがスッキリしました
いつものことですが
これからは マメにやろうと思うのでありました


アジサイを短く剪定したので また色めのない裏庭になっています
f0159403_10535050.jpg

[PR]
# by ogc-3 | 2014-07-01 10:55 | 日記

ビワ


数日前 長女からの電話でCちゃんが学校の給食にでたビワの種をキレイに洗って
持って帰り 机の引き出しに入れているので
娘が聞くと 
「 夏休みにオオタンちに行った時に一緒に植えるんだ ♪ 」
と大事にして楽しみにしているよ! とのこと

今日 さっそく ビワを買ってきて こっそり種を植えました

Cちゃんが福岡にいるうちに芽が出るように フライングです
驚くがおが見たくって。。。
ちょっとズルです
内緒です !!



オオハンゲが完成しました

f0159403_20501315.jpg
先生が鉛筆で薄く影を入れてくれました
わかるかなあ?

f0159403_20503323.jpg

[PR]
# by ogc-3 | 2014-06-24 20:57 | 日記

梅雨らしくなりました;;;

今年の雨はすくないと話していたけれど 今日も雨
本格的に梅雨になったのでしょうか

昨日は大濠能楽堂に行ってきました
森本先生の 『 森本哲郎の会 』 がありました
仕舞が5番あって、野村万禄さんの狂言は 「 入間川 」でした
先生のお能は 「 砧 」

いつもなら 最初に先生の楽しい解説があるのですが 
この曲は重い曲で気持ちを作るので、今回は福教大の準教授の方がされました
そう聞くと期待が高まります ♪

舞台は九州蘆屋
訴訟のことで京に行った夫を待ちわび
三年たってもまだ帰られないと
京の侍女夕霧がつたえにきます 

夕霧と共に砧を打ち 心をいやしながら待ち それでも帰ってこず
思い煩い 心変わりをしたのではないかと夫を恨みながら亡くなります
ようやく帰ってきた夫は嘆き悲しみ菩提を弔っていると
亡くなった妻が現れ 
夫を恨んだ心の迷いのため、成仏できずに地獄の責め苦にいると訴え
夫の法華経の功徳で成仏し消えていくという物語です

進むにつれて段々身が前にのりだし
砧を打ちながら
『 砧の音 夜嵐 悲しみの聲 虫乃音交わりて 落つる露涙。
  ほろほろ はらはら と いづれ砧の音やらん 』
では先生の迫真の演技で泣けてきました

それにつけても 解説って大事!
小鼓の音が砧を打つ音に聞こえ 寝てしまったかもしれないお能で泣けるなんて
久々のお能 いい一日でした~ ♡



今年 植物園で見つけたブルーベリ
実がつきましたが 一本なので もう一本探さなくては !
「 サザンハイブリッシュ系  クーパー 」

f0159403_09053386.jpg





[PR]
# by ogc-3 | 2014-06-22 10:09 | 日記